Sunny.st,

日記とかばかりになった サーバ屋のはしくれのブログ。

FreeBSD

FreeBSDでのユーザ削除


FreeBSDでのユーザ削除

# pw userdel -n USERNAME -r

"-r"オプションは
ディレクトリも同時に削除。

FreeBSDでsoft updateを有効にする

FreeBSDでsoft updateを有効にする。


soft updateとは?


ファイルシステムへの書き込み方法の1つ。
高速かつ安全・・・。

ファイルシステムに構造変化があった場合
バッファリングしながら変化順に書き出して
構造を維持する??なんのこっちゃ?


やるにこしたことはないということで・・・


▼手順
・現状確認
# mount
/dev/ad0s1a on / (ufs, local)
devfs on /dev (devfs, local)

・有効化
# tunefs -n enable /


ここで
tunefs: soft updates cannot be enabled until fsck is run
tunefs: /dev/ad0s1a: failed to write superblock
とエラーが出た場合はシングルユーザモードで起動してから行う。
(ふりーびはバックグラウンドでfsckがかかっていると聞いたことがある)

※シングルの起動の仕方↓
起動時に Booting [kernel] in * secords とでてるときに Enter 意外を押すと
ok> とでるのでそこで boot -s と入力する


・有効化を確認
# mount
/dev/ad0s1a on / (ufs, local, soft-updates)
devfs on /dev (devfs, local)


FreeBSD7.0でbash-3.2をソースからインストール

OS:FreeBSD7.0

わけあってbashをportsではなく
ソースからインストールした。

# fetch http://ftp.gnu.org/gnu/bash/bash-3.2.tar.gz
# tar xzf ./bash-3.2.tar.gz
# cd ./bash-3.2
# ./configure
# make


で、ここでそのままmake installすると
下記のようなエラーが出現・・・


(略)
ru.po:21:9: invalid multibyte sequence
ru.po:21:10: invalid multibyte sequence
ru.po:21:11: invalid multibyte sequence
ru.po:21:12: invalid multibyte sequence
ru.po:21:13: invalid multibyte sequence
ru.po:21:14: invalid multibyte sequence
ru.po:21:15: invalid multibyte sequence
ru.po:21:16: invalid multibyte sequence
ru.po:21:17: invalid multibyte sequence
ru.po:21:18: invalid multibyte sequence
ru.po:21:19: invalid multibyte sequence
ru.po:21:20: invalid multibyte sequence
ru.po:21:22: invalid multibyte sequence
ru.po:21:23: invalid multibyte sequence
ru.po:21:24: invalid multibyte sequence
ru.po:21:25: invalid multibyte sequence
ru.po:21:26: invalid multibyte sequence
ru.po:21:27: invalid multibyte sequence
ru.po:21:29: invalid multibyte sequence
ru.po:21:30: invalid multibyte sequence
/usr/local/bin/msgfmt: too many errors, aborting
*** Error code 1
(略)


viでru.poの文字コード?を
UTF-8からKOI8-R(ロシア語)に。
(どっかにパッチもあるらしい)


# vi ./po/ru.po


ちなみにdiffはこんな感じ↓
# diff ./po/ru.po.org ./po/ru.po
15c15
< "Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
---
> "Content-Type: text/plain; charset=KOI8-R\n"


そして

# make install

で完了~

# /usr/local/bin/bash -version
GNU bash, version 3.2.0(1)-release (i386-unknown-freebsd7.0)
Copyright (C) 2005 Free Software Foundation, Inc.

FreeBSDで物理メモリサイズ(量)を確認する

FreeBSDで物理メモリのサイズ(量)を確認したい!
でもLinuxのFreeコマンドみたいなのがない!

Topでとる値もなんとなくなぁ・・・

というときに!

# grep memory /var/run/dmesg.boot
real memory  = 2146893824 (2096576K bytes)  ←これ
avail memory = 2087809024 (2038876K bytes)

で確認できる☆

FreeBSDでlocateのデータベース更新

FreeBSDでインストール時もしくは
久しくlocateのためのDBが更新されていないときは
期待した結果が得られないときがある。

# /usr/libexec/locate.updatedb

でDBを更新できる。
Linuxの場合は

# updatedb

で更新。

FreeBSDでルーティングを追加する

FreeBSDでルーティングを追加する
----------------------------------------------------------------------------
route add -net [ネットワーク] -netmask [ネットマスク] [ゲートウェイアドレス]
----------------------------------------------------------------------------

例えば10.0/16のゲートウェイを10.0.1.1にしたいときは

# route add -net 10.0.0.0 -netmask 255.255.0.0 10.0.1.1


次回起動時に自動でこのルーティングを有効にしたい場合は

/etc/rc.confに

static_routes="hoge"
route_hoge="-net 10.0.0.0 -netmask 255.255.0.0 10.0.1.1"

と記述することでOK
ちなみに2つ以上ルーティングを起動時に有効にするには

static_routes="hoge hoge2"
route_hoge="・・・"
route_hoge2="・・・"


またルーティング先(元)がネットワークではなくホストの場合は
-netのオプションを-hostに変える
Access Counter
記事検索
パシフィカン
プロ野球データFreak
パリーグ順位表
Jリーグ順位
ダーツ
育てる
Categories
アーカイブ
わたくし

てぃーだ§(TiidaS)

  • ライブドアブログ